貧乏性の夫のエピソード

節約と投資

 わたしの夫はお金を使うのが嫌いで、無料のものと安いものが好き。

 ずっと前、夫はドンキでネクタイを1本800円で8本まとめ買いをしたことがある。それらを机に並べ、夜遅くまでうっとりと眺めていた。

 ある日、その中の一本を着けて飲み会に行ったら、知人から、

 「良いネクタイをしているね。お金ってあるところにはあるんだね」

 と、しみじみと言われた、と喜んでいた。(人を褒めるって、大事だなと思う)

 また、ある日、19時頃、夫が自転車で帰宅途中に、警察官から職務質問をされそうになり(やはり身なりが貧相だからだと思う)、自転車を全速力で漕ぎ逃げ切ったことがある。(職務質問を受けなければならない法的義務はないらしい) すると、翌日から19時頃になると、わたしたちが住むアパートの周りをパトカーが巡回するようになった。

 また、寿司を食べに行く時は、もちろん並握りのセットを食べ、それだけではお腹がいっぱいにならない夫はその後、一人でうどん屋に行って掛けうどんの大盛りを食べて帰る。

 夫は、買い物で迷ったら、安い方を買う。(わたしは高い方を買いがち。だって、気に入ったものを長く使った方がお得な気がするもん)

 一緒に外出して、わたしが、

 「疲れた、喉が渇いた」

 と言うと、自動販売機で500mlの水を1本買って、ベンチに座るよう促され、1本の水を二人で回し飲みさせられる。そうそう、昔、外出中に夫からコーヒーを飲みに行こうと誘われ、ついて行ったら、カルディに入り試飲用のコーヒーを一緒にもらったことがある。当時、夫はちょくちょくもらって飲んでいたようだ。(カルディさん、その節はありがとうございました)

 でも、夫のようにお金を使わない人と一緒にいると半端ない安心感がある。1,000万円で高配当株を買っても、配当金はせいぜい年間30万円ほど。月3万円の節約ができたら、それは1,000万円の投資をしていることと同じではなかろうか。お金をなるべく使わないって、なんだかんだ言って、人生で最強なことだと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました