kotokoto

エッセイ

名前で苦しんだ経験、ありますか?

名前の画数診断など信じていないが、我が子にはできる限り良い画数の名前を付けた。自分のように、悩んでほしくないから・・・。
エッセイ

美しい手話に感動した日

職場の窓口に来られた若い男性の、美しく礼儀正しい手話に感動した。言葉には言霊が宿る、ということを感じさせてくれた出来事。
エッセイ

タイ式FIRE!

タイ式FIREに憧れるアラカン。人生の最終章くらい、自由に生き生きと自分の人生を生きてみたい。大海原を泳ぎ回るイルカみたいに・・・。
エッセイ

タイ王国への憧れ

アラカンになって、わたしはタイ王国に憧れを募らさせている。人々の笑顔と物価の安さ、美味しい料理、元気が出る寺院、活気のある街並み。行かない理由が見つからない。
エッセイ

大浴場でつらつら感じたこと

アラカンになって感じるお風呂のありがたさ。お風呂につかっていると、心も身体もありのままでいい、という境地になる。
エッセイ

幸せはこんなところに

夫との会話は実のない話ばかり。でも、こんな時間が流れることを、幸せと呼ぶのかもしれない、と思う。
エッセイ

トキメクことを可能な限りやってみる

アラカンのわたしは、ときめかないものは捨てまくり、旅行や趣味など、もう、ときめくことだけをやっていきたい。
エッセイ

「Hello Talk」で会話した怖いヤドカリ青年

女性のみなさん、お気をつけください。世界には甘いマスクをした厚かましい、女性を見下したとんでもないヤドカリdudes(野郎)がいるのだから。
エッセイ

お金か、人生か?

最近、「お金か、人生か」という本を買った。この本は、アメリカの若者にFIREムーブメントを引き起こした1冊だという。しかし、お金の問題を解決するのはやはり難しい。
エッセイ

インドはいろんな意味で危険みたい

友人が40歳の時、18歳のインド人の男の子から手玉に取られていた話。でも、日本人の女性は皆羨ましがるだけで、同情はしないもよう。
タイトルとURLをコピーしました