エッセイ

エッセイ

元気が出るものが好き

映画や小説はハッピーエンドかカタルシスがないと嫌。結末がいまいちだと、「わたしの時間を返して~」って思ってしまう。
エッセイ

茶会での恐怖

しーんと張り詰めた茶会の最中、夫はわたしに「お菓子を替えて」と言い出し、皆の視線がわたしたちに集まった。
エッセイ

山口百恵と真っ赤なポルシェ

今もなお、山口百恵と真っ赤なポルシェに憧れる高年男性。彼は、真っ赤なポルシェに乗り、百恵ちゃんの歌のある部分をリピートし続ける。
エッセイ

インド人青年と女優「小雪」

今も、カーストと輪廻にこだわるインド人。彼らの間に女優「小雪」ブームが起こり、彼女は処女だという信仰までできた。
エッセイ

貧乏性とケリーバック

アラカンになってケリーバックを所有してみた。しかし「おバック様」の存在感は半端なく、どちらが所有者なのか混乱してくる。
エッセイ

猫の自由と腎臓病

猫のことをよく知らない猫好きが、塩分たっぷりのハムやチーズでお客様の猫をもてなし、飼い主が高額な病院代を払う羽目になる問題。
エッセイ

歌舞伎とパルテノン神殿

歌舞伎とパルテノン神殿に憧れていたわたしが、憧れとありがたみは紙一重と悟った瞬間。
エッセイ

いちご泥棒(Strawberry Thief)

ー美しい物しか家に置いてはならないーと言ったウイリアム・モリス(William Morris)の妻は必然的に美しい人だっただろう。
エッセイ

鉛筆回しとマインドフルネス

昔、流行した鉛筆回しは、子どもたちが編み出したマインドフルネスだったと思う。山のようにあるテストや密な人間関係のストレス解消のための。
エッセイ

猫が言葉を話せたら

猫と会話できたら、と思う時がある。実際は、呼んでもしっぽの先を動かすくらいだけれど、かわいくて仕方がない。
タイトルとURLをコピーしました